スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬枯れ

PENTAX K10D / APO-LANTHAR 180mm F4 SL Close Focus


雨の日の翌日の朝、公園が靄に包まれていました。
雫がひかり、天然のイルミネーションのようにも見えました。
見た目の美しさを上手く撮れないもどかしさ。
沢山撮って良いと思えたのが数枚。そのうちの一枚がこれ。
スポンサーサイト

DSでアポラン180

PENTAX *istDS / APO-LANTHAR 180mm F4 SL Close Focus


IMGP4079-apo180.jpg

久しぶりに*istDSを持ち出してみた。
K10Dは鳥用FA300と花用タム90で、DSの方にはM42アダプターにアポラン180mmを付けている。
これぞ2台持ちの醍醐味。アダプター取り外しがいらなくて楽だなあと思っていたら、DSで撮った方はブレ量産。

下手になったかも。。。

ちょっと前まではDSでFA300を使ってたんだぞー。それが~~。
どうも、K10Dのファインダーでこのくらい像が揺れててもSRが何とかしてくれるというのを体が覚えてしまって、
ISOを変えてSSを上げるとか、しっかり構えて息を殺すとか言うのをあまり気にせず撮ってしまったらしい。

人間、楽な方に流れていきますな。望遠使うときはちゃんと考えないとね。

冬の花 3種

PENTAX K10D / Tamron SP AF90mm F/2.8 Di


IMGP2405-tam90-1.jpg

IMGP2461-640.jpg

冬の花をマクロで撮りました。上から、福寿草、節分草、梅です。
最初の2枚は柵の向こうに咲いていたので、カメラを顔から離し、手を伸ばして被写体にレンズを近づけ、
遠目にファインダーを見ながらAF任せで何枚も撮るという作戦で撮ってます。
その中からシベにピンが来ているものを選んでアップしました。冬の花はどれも凛として可憐に見えますな。

デジスコって

PENTAX K10D / FA☆300mmF4.5ED + Rear Converter A2X-S


デジスコというのは知っていたが、いったいどういう仕組みなのか知らなかったので調べてみた。
意味不明なことも色々あるのだが私の理解したところによると以下のような感じ。
最初は望遠鏡(フィールドスコープ)で見ている絵をデジカメに撮れないかと考えた人が
フィールドスコープにデジカメ押し当てて撮っていたらしい。
手で押し当てているのもどうかと言うことでデジカメを固定できる機材を自主作成し使い出したら、
思いの他、具合が良かったので一般販売し始めた とそんなところのようだ。

フィールドスコープとデジカメは別々の製品なので、これらを如何に光軸を振らさずに組み合わせるかが重要、
と言うわけで間にいくつか専用のジョイント器具が入る。これらの器具の需要が多くないせいか、
セッティング用機材がフィールドスコープの価格と同じくらいかかってしまう。
かなりマニアックな世界ではあるが、上手く撮れた写真は、100万円の機材の写りを
上回る出来で痛快なものがありそうだ。

ペンタックスもフィールドスコープを出していて、デザインも良いし写りも良さそう
なんだけど、デジカメをつなげるアダプターが、古いデジカメ用しかなく、
新製品用に、アダプターを出す余裕も無さそう。使いたい人は自作するしか無いようだ。
(これまたマニアックな世界で他の製品を組み合わせて無理やり接続したり、町工場に作らせたりしてるんだな。。コレが)

デジスコに興味はあるのだが、どんな具合か誰か貸してくれないかな。。

超望遠

PENTAX K10D / FA☆300mmF4.5ED + Rear Converter A2X-S


木をつつく鳥発見。コゲラかな。
IMGP2026-FA300x2.jpg

IMGP2030-Fa300x2.jpg

IMGP2047-FA300x2.jpg

大体何時ごろに行けば良いか判ったせいか、今年3度目のカワセミ遭遇。
だけど、元々背景がうるさい場所なので写真のできばえはあまりよろしくない。

同じところに行ってると同じ鳥撮りメンバーに会うので情報収集。
あそこに行くと止まり木とエサを置いて600mmで狙っている人がいるとの事。それってどうなのよなどと世間話。
レンズはやっぱりキヤノンが多いな。今日話した人は白いサンニッパーにエクステンダーという大道。

鳥を撮り出してサンヨンゴに2倍のリアコンというシステムに限界を感じるが、満足のいくシステムを
組もうとするととんでもない世界。ペンタのサンニッパーは約40万円。ロクヨンは76万円。
キヤノンのサンニッパーは49万円。ロクヨンは94万円。ペンタはお買い得(^^)

現実的な選択としてはフィールドスコープだろうな。
この世界の超一流品スワロフスキーとかで無ければデジカメ込みで20~25万ぐらいで
そこそこのシステムが組めそう。まあ、手は出さないと思いますが、正直、興味アリアリ。

アポランで鳥

PENTAX K10D / APO-LANTHAR 180mm F4 SL Close Focus


IMGP2086-apo180.jpg

IMGP2095-apo180.jpg

一応180mmなので、アポランでも鳥を撮ってみました。
開放でもシャープ。シャープなレンズはボケがざわついたり、2線ボケが酷かったりすることがあるが、
そういうのが、今のところ無い。欠点が少ないレンズです。

そういえば今日、K10Dのファームアップがありましたね。
まだ、入れてないですが、更に使いやすくなったようです。

頼むよHOYA....

鳥見

PENTAX K10D / FA☆300mmF4.5ED


急に鳥に目覚めました。これは、モズらしいです。バードウオッチャーのおばちゃんが言ってたので。
モズの手前にジョウビタキ(雄)。
IMGP1941-fa300.jpg

ジョウビタキ君、周辺をあちこち飛び回ってます。
IMGP1943.jpg

超拡大してみました。
IMGP1963-fa300.jpg

こうしてトリミングしてみて、やっと1000万画素のありがたみが判りました。

節分草

PENTAX K10D / APO-LANTHAR 180mm F4 SL Close Focus


節分草というらしい。今年は暖かかったので節分前に痛んでしまっていたようだ。
この花は数少ない痛んでいない花。見つけた人は這いつくばって撮ってました。
可動式のライブビューが欲しい場面でした。

アポラン、こんなに綺麗なボケをするレンズだったのね。
シャープだし色も寒色系で好みです。こうなると、等倍マクロの125mmも欲しくなるな。

見つけちまった。

PENTAX K10D / APO-LANTHAR 180mm F4 SL Close Focus


あ~あ、見つけちまった。アポラン180mm 中古美品。
黒いボディーにシルバーと赤緑青の3本線。カッコイイ。
てな訳でお持ち帰りしたのですが、このレンズはM42仕様。

フォクトレンダーのM42レンズは自動とマニュアル絞りの切り替えスイッチが付いていないので
このままだと絞り開放でしか撮れない。この問題を解決するには宮本製作所が製造販売で
HAKUBA、近代ブランドでも売っている高~いM42-Kマウントアダプターを買う必要がある。
で、それも買った。

このレンズ、前球がボディーのかなり先の方にありフードが欲しくなる。
純正はこれまた高い上に取り外しし難い。純正は止めてゴムのフードを買った。
ブランドはもちろんHOYA(^^) フィルター系49mmのレンズは他にも沢山あるので、
このフードは他にも使えるし、潰してコンパクトに持ち運べる。だから買いだと自分を納得させた。
中古レンズはお買い得だったけど、散在した気分。
IMGP1893-APO180.jpg

IMGP1873-apo180.jpg

で、午前中に試写に行ってきた。う~ん、好みだ。いいはこれ。
M42仕様にしたのは、Kマウントバージョンが超レアだというのもあるけど、
M42レンズをAvモードで露出補正をしながら使った方が、グリーンボタンを押して
瞬間絞込み測光をするより、はるかに楽だし測光精度に安定感がある。

誤算は近代のアダプターの精度が良くてピッタリはまっているため、マウントアダプターKのように、
爪の先で板羽を押してまわすことができない事。外すには付属する専用の工具が要る。
面倒だけど、アダプターのガタツキがまったく無くて、安定感は抜群。

しばらくこのレンズをメインにします。

トリ

PENTAX K10D / FA☆300mmF4.5ED + Rear Converter A2X-S


IMGP1707-1.jpg

カワセミが飛び去った後、周辺を散歩して目に付いた鳥を撮影(手持ち)
鳥には疎くて名前はわかりません。ハイ。。。とは言え、冬は鳥の季節ですな。

追記:
人様のブログで同じ鳥を見つけたので、1枚目はジョウビタキで2枚目はルリビタキではないかと思われます。

ロウバイ

PENTAX K10D / Sigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
IMGP1512-s70-300.jpg

ロウバイは良い香りだな。

PENTAX K10D / Tamron SP AF90mm F/2.8 Di
IMGP1527.jpg

IMGP1529.jpg

IMGP1531.jpg

蝋細工のような照り。ロウバイとは良く言ったものだと思います。
冬は花が少ないので香りも楽しめるロウバイは貴重です。

カワセミのお食事

PENTAX K10D / FA☆300mmF4.5ED + Rear Converter A2X-S (トリミング無し)


昨日のカワセミに味をしめ、FA☆300と2倍のリアコンに3脚を持って、同じところに行って見ました。
行って早々、ちゃぽんと音がしたと思ったら青い羽が舞うのを見た。いる(^-^) 
何を取っているのか判らないけどカワセミが池に突っ込んだようだ。早速セッティングをして撮影開始。
前回と違って今回は大きく見える。画質も昨日よりは良かった。以下はトリミング。
IMGP1639-FA300-0.jpg

さて、カワセミ君、この池にはザリガニを取りに来たみたいだ。
一枚目の体勢から池に一直線。まんまとザリガニGET!
IMGP1673-FA300-1.jpg

さて、このザリガニ、どうやって食べるの?その様子を被写体ブレブレしつつレポート。
自分のブログ至上最大、8枚続きます。(全部トリミング)

more...

2007年初カワセミ

PENTAX K10D / Sigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


IMGP1555-kawa-s70-300.jpg

IMGP1557-Kawa-S70-300.jpg

IMGP1568-kawa-s70-300.jpg

カメラをぶら下げて散歩してたら、近くにいたおばちゃんが”カワセミ来てるわよ”と教えてくれた。
池を挟んだ向こう岸の杭にカワセミ発見。気付かなかった。おばちゃんナイスアドバイス。
前回もシグマ70-300だったけど今回もコレ。ゲンが良いのかな。

前回撮ったのはほぼ一年前。そのときの方が近かったので出来が良かったけど、今回は遠い。
でも贅沢は言ってられない。めちゃめちゃトリミングして、アンシャープマスク強めにかけてま~す。
それでもまだ見れるのは1000万画素のおかげ(^^)/

サブには何が良い?

PENTAX K10D / XR RIKENON 50mm F2


K10Dの格子スクリーンを買いにヨドへ行って久しぶりにカメラを色々触ってきました。
いや~変わりましたね。何がって自分のカメラの重さに対する感覚が。
*istDSメインの時は、それより大きいD200とか触ると、オモっとか思ったのだが、
K10Dをメインした今となっては、なんかあまり重く感じないし、この程度なら別に
良いかとか思ってしまった。ただ、ニコンやキヤノンの手ぶれ補正レンズは重いので、
トータルではペンタックスよりかなり重くなってしまう。

いろいろ触って、これは欲しいかもと思ったのは、なんと言ってもD40。
これにVR付のニコン純正18-200をつけてサブとして使うのも良いかもと思ったら、
この組み合わせでは、K100D+シグマ18-200の方が軽くなってしまう。

サブに使いたい一眼カメラの最右翼はオリンパスのE-400。小さいのは言うまでも無いがデザインがカッコ良い。
日本で発売されたら購入候補に、と思って値段を調べたらk10Dより高い..orz..

小型軽量化はペンタックスのお家芸だったはず。*istDSより更に軽くて小柄な一眼出さないかな。

Pancolar

PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena DDR MC PANCOLAR 1.8/50


IMGP1445-Pan50.jpg

リケノンと同じ年段だと思われる50mmのレンズ、Pancolar 50。
当時の値段を知らないけど、リケノンよりはずいぶんと高かったに違いない。
何しろドイツ製。今、Zeissブランドでドイツ製のレンズは何種類あるのか
コシナのページを見てみると僅かに2つだけ。
Distagon T *2.8/15 ZM(350,000円)とSonnar T *2/85 ZM(\250,000円)。
SonyのZeissレンズは旧ミノルタ工場製だという話がある。

Zeiss Jenaは、Zeissが設計、製造していたレンズとして値打ちがあるんじゃないかと。
現役のZeissは買えないけどJenaなら買えるという負け惜しみです。

リケノン

PENTAX K10D / XR RIKENON 50mm F2


IMGP1363-R50.jpg

IMGP1375-R50.jpg

パキパキパッキ~ンのリケノンだったんだけど、K10Dでほんの少しマイルドになった印象。
でも、花びらがバリバリしそうでしょ。

さて、K10DでKマウントMFレンズは、グリーンボタンで絞り込み測光するんだが、測光が安定しない。
大体、大露出オーバー。*istDシリーズやK100Dで出来てるんだから、これはどうにかして欲しい。
ファームウエアーバージョンアップで対応をお願いしたいですねって。。。もしかして自分のK10Dだけ?

ファームアップと言えば、ISO50-3200対応になるかも なんて噂がでてました。
ISO3200はどうせ使わないと思うけど、ISO50は、ピーカンでも絞りを開けれるので、
花撮り野郎にはうれしい。
ベータ機ではISO50-3200だったみたいなので、ファームアップで対応はありえるな。

井の頭自然文化園

PENTAX K10D / FA135mmF2.8


子供たちが退屈してたので、井の頭自然文化園に行ってきた。
そんで恒例の動物たちを撮ってきました。
IMGP1105-fa135.jpg

リスは可愛いので2連発。
IMGP1111-fa135.jpg

IMGP1113-fa135.jpg

猿はホノボノ。。。

朽ちたベンツ

PENTAX K10D / FA20mmF2.8


正月は北陸の実家に行っておりました。
暇なので周辺を散歩していると、放置された立て目の古いベンツを発見。
廃屋に季節の過ぎた柿。この車の持ち主は今何をしているのか?

Silkypixのテイストのノスタルジックトイカメラで仕上げてみました。

本年もよろしくお願いします。

PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena DDR MC PANCOLAR 1.8/80


明けましておめでとうございます。
今年も拙い写真をアップしていきますが、よろしくお願いします。
この写真は年末に撮った物なのですが、1月はいつもながら被写体を探すのが難しい月ですなあ。
皆んな、どんな写真を撮ってるのかと見に行くと、沢山の綺麗な初日の出。
私は布団で丸くなっておりました。

大したところ行ってないのに、帰省したら風邪引いちまった。
Welcome

TryTry

  • Author:TryTry
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
12 | 2007/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。